ONLINE PORTFOLIO    |    ARTIST NAME

Profile

Social PositionAnnouncement / AwardExhibitions

Social Position

year
content
1954

Born in Kochi Prefecture

1982

Completed the Oil Painting Course at Tokyo University of the Arts Graduate School of Art

1985

Tokyo College of Technology, CG Department

1989

Attend Utsunomiya Bunsei Junior College Department of Fine Arts

1999

Professor of Bunsei University of Art

2011

Academic Dean of the University

2018

Vice president of the university

2019

Professor at Bunsei University of Art
年月
内容
1954年
高知県生まれ
1982年
東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了
1985年
東京工学院芸術専門学校CG科就任
1989年
宇都宮文星短期大学美術学科就任
1999年
文星芸術大学美術学部教授就任
2011年
同大学学部長就任
2018年
同大学副学長就任
2019年
文星芸術大学特任教授

Announcement / Award

year
content
1985

“Phase exhibition of critical art”, Muramatsu Gallery
CG image work: “Adoration”, PC Award. NICOGRAPH (Japan Computer Graphics Association)

1986

CG video work: “DOGMASTER”, 1st place in the school and research institute category, Robert Able Special Award. NCGA (National Computer Graphics Association)

1989

CG image work: “Nocturnal Caterpillar”, 3rd place in the school and research institute section. NCGA America
Austrian Film Exhibition 3rd. Austria

1991

CG video work: “ONCE IN A BLUE MOON” 1st in the theater section. Images du futur 91 Canada, then CG video production until 2015

1992

CG image work: “ASPECT”
CG image work: “Four Seasons”

1993

CG video work: “The Little Dipper”

1996

CG video work: “The Year”

1999

CG image work: “12 gems”

2001

CG image work: “aspect2001”

2004

CG image work: “Flying Deco”

2006

CG video work: “each one”

2007

CG image work: “Match, Mismatch”

2009

CG image work: “Self-portrait”

2010

CG image work: “ASPECT 2010”

2011

CG image work: “harcel”

2012

CG image work: “Ping Pong Family” (Gee Pong!)

2014

CG video work: “Ping Pong Family2” (short friend)

2016

CG video work: “Ping Pong Family3” (Night near Christmas)
年月
内容
1985年
「臨界芸術の位相展」、村松画廊
CG映像作品:「憧憬」、パソコン大賞。NICOGRAPH(日本コンピュータグラフィックス協会)
1986年
CG映像作品:「DOGMASTER」、学校・研究所部門第一位、ロバートエイブル特別賞。NCGA(National Computer Graphics Association)
1989年
CG作像作品:「昼草夜虫」、学校・研究所部門第三位。NCGA アメリカ
オーストリア映像展第三位。オーストリア
1991年
CG映像作品:「ONCE IN A BLUE MOON」劇場部門第一位。Images du futur 91 カナダ、以降2015年までCG映像制作映像
1992年
CG映像作品:「ASPECT」
CG映像作品:「Four Seasons」
1993年
CG映像作品:「The Little Dipper」
1996年
CG映像作品:「The Year」

1999年
CG映像作品:「12 gems」
2001年
CG映像作品:「aspect2001」
2004年
CG映像作品:「Flying Deco」
2006年
CG映像作品:「each one」
2007年
CG映像作品:「一致、不一致」
2009年
CG映像作品:「自画映像」
2010年
CG映像作品:「ASPECT 2010」
2011年
CG映像作品:「harcel」
2012年
CG映像作品:「Ping Pong Family」(ジー、ポン!)
2014年
CG映像作品:「Ping Pong Family2」(短い友達)
2016年
CG映像作品:「Ping Pong Family3」(クリスマスが近い夜)

Exhibitions

year
content
1981

Solo Exhibition, Ginza Picture Gallery
Group Exhibition Kochi Daimaru Department Store

1983

Solo Exhibition, Sakai Gallery

1984

Solo Exhibition Muramatsu Gallery

1985

Solo Exhibition, Lunami Gallery
“Critical Art Topology Exhibition”, Special Exhibition, Muramatsu Gallery
CG work: “Adoration”, PC Award. NICOGRAPH (Japan Computer Graphics Association)

1986

Solo Exhibition, Lunami Gallery
“Five Expressions”, Special Exhibition, Muramatsu Gallery
CG work: “DOGMASTER”, NCGA (National Computer Graphics Association) USA

1989

CG work: “Nocturnal Caterpillar” NCGA USA
Austrian Film Exhibition 3rd. Austria

1991

CG work: “ONCE IN A BLUE MOON”, Images du futur 91 Canada, and then CG production until 2015

2016

“7VECTORS”, group exhibition held every year since the Soei Gallery

2018

“MOTO-YUKI Exhibition”, solo exhibition, Soei Gallery

2019

Group Exhibition “8VECTORS” Soei Gallery
年月
内容
1981年
個展 銀座絵画館
グループ展 高知大丸百貨店
1983年
個展 檜画廊
1984年
個展 村松画廊
1985年
個展 ルナミ画廊
「臨界芸術の位相展」、企画展 村松画廊
CG作品:「憧憬」、パソコン大賞。 NICOGRAPH(日本コンピュータグラフィックス協会)
1986年
個展 ルナミ画廊
「五つの表現」、企画展 村松画廊
CG作品:「DOGMASTER」、NCGA(National Computer Graphics Association)アメリカ
1989年
CG作品:「昼草夜虫」NCGA アメリカ
オーストリア映像展第三位。オーストリア
1991年
CG作品:「ONCE IN A BLUE MOON」、Images du futur 91 カナダ、以降2015年までCG映像制作
2016年
「7VECTORS」、グループ展 創英ギャラリー 以降毎年開催
2018年
「MOTO-YUKI展」、個展 創英ギャラリー
2019年
グループ展「8VECTORS」 創英ギャラリー
>

The works displayed in the room will be able to spend time together as a usual living space woven by emotions. And it seems to be the part of the interior. The difference from the interior is that it has no function but this will give delightful or comfort time and should heal you when you returned to a room even it isn't significant amount.

部屋に飾られた作品は、喜怒哀楽が織りなす普段の生活空間の傍らで共に時を過ごします。インテリアの一部のようです。インテリアと違うのは機能は持たず、ある時は喜びを、またある時は慰めを、そして、部屋に戻ったあなたを少しばかりですが,癒してくれるはずです。